院長挨拶|横浜市の戸塚駅すぐ近くのとつか眼科です。
白内障の日帰り手術や一般眼科の診療、土曜診療も行っております。

045-861-6620

院長挨拶

院長挨拶

とつか眼科院長 藤岡伸欣

とつか眼科の院長とスタッフ

最新の医療機器と経験豊富なスタッフで、
地域の皆様に安心で最良の眼科医療を提供いたします。

大学卒業後 大学病院での研修、市中の基幹病院での診療を通して眼科全般の専門知識を積み上げ、治療技術を高めてまいりました。

そして平成5年4月初めに地域医療に貢献したい気持ちから戸塚小学校前にとつか眼科を開院させて頂きました。

当時は、子供のアレルギーや仮性近視の治療が多く、また場所柄OA作業の多いドライアイの患者様も多くいらっしゃいました。このドライアイの患者様には、従来の点眼治療・生活指導に続き涙点プラグ挿入による治療も開始しました。

高齢の患者様も少しずつ訪れるようになり、それに伴い白内障の手術を必要とする患者様が増えて参りました。 それまでは手術のため遠くの病院まで電車、バスを乗り継いで行ってもらっていましたが患者様を思い平成10年頃より白内障日帰り手術を始めました。
その後、眼瞼下垂の手術を始め、ドライアイの原因にもなる本態性眼瞼けいれんの治療が確立されボトックス治療も開始しました。

平成18年より、以前からある自動視野計に加えOCT(眼底三次元画像解析装置)導入、緑内障早期診断の精度を高めたり、 網膜の微細な異常を早期に発見できるようになりました。
この時期、大学病院より網膜専門医を招聘して加齢黄斑変性の薬物治療(抗VEGF療法)を開始しました。
平成21年より大学病院との密な連携が可能となり糖尿性黄斑症、網膜静脈閉塞症に対する黄斑浮腫に対しする薬部療法を開始しました。

今後もこのように、眼科を通して困っている患者様にお応えできるように最新医療を提供して参ります。

院長略歴

昭和58年(1983年) 群馬大学医学部医学科卒業
昭和60年(1985年) 横浜市立大学医学部付属病院
臨床研修修了
平成2年(1990年) 日本眼科学会認定眼科専門医取得
横浜市立大学医学部付属病院、
横須賀共済病院、
旧横浜赤十字病院などの勤務 
平成5年(1993年) 戸塚小学校前に、とつか眼科開院
平成22年(2010年) 現在地にて、とつか眼科移転

資格・所属学会

リンク